2007年11月22日

BEST展var.photo レビュー

11月20日より開始のcacoi 2007 BEST展
全出展作品のレビューを書いてみました

展示の情報は
http://mic-ro.seesaa.net/article/66363884.html
ですよ


書いている順番はだいたい展示順です

石川ひとさん

プラス「+」という題の3連作
2007年11月11日まで茶廊 法邑さんで展示していた9点の作品から抜粋

モノクロ銀塩プリント
プリントサイズはカビネといい、
プリントショップでよく出てくる「L判」の2倍程度
真っ白のフレームにきれいにおさめている

本人曰く「念写した」という球体の多重露光の様な作品
現実世界から離れたような世界観をかもしています



山岸せいじさん

昨年辺りにANEXさんで展示した
光が疾走しているような一連の作品からの抜粋
アクリルにプリントした作品を貼付け
その後ろに木パネルで底上げ

一見ヴィジュアル的にはスッと力の抜けたような感じだが
厚みのある雰囲気の作品に仕上がっている
横長の見ていて気持ちのよい作品



置田貴代美さん

印画紙サイズで言うと小半切くらいの
インクジェット出力のモノクロ作品3点
エプソンPX5000というプリンタを使用

インクとは思えないクオリティ
一見よく計算されて手焼きされた銀塩プリントのようにみえる

作品の内容はランドスケープ的
プリントと内容がマッチした見やすく、伝わりやすい作品



廣島経明さん

ご自分の作品制作に関しては完全に
「ノンデジタル」を唱う廣島さんは今回も変わらず
RPプリントの作品を9点

恐ろしいほど繊細で、尚かつ鮮やかな発色
まだまだデジタルはおもちゃだ、という事を実感させられる

作品の内容は
試行錯誤を繰り返して撮影した光の彫刻
キャプションには「Non Digital Film Power!!」
とあるが納得させられる



河野恵子さん

ススキノ、旧micro.時代は
度々出展してくれている河野さん
今回もカラーの元気のいい作品を持って来てくれました

主にモデルを撮影した写真を小さなスクエアの作品群
中心に男性を大きなサイズで貼り付け、
その周辺に女性のヌードスナップなどをちりばめている
作者本人の状況や心情を多く含んだ作品



黒森絵美さん

カビネ判、L判の手焼きモノクロ作品24点

狸小路8丁目のモノクロ写真教室に通う黒森さん
森山大道に影響を受けているという彼女の作品は
主張は少ないけれど、生々しい空気が漂うハイコントラスト写真

主に町撮りが多いが
寂れたり、どこか怪しげな場面に反射的に反応して
切り取っている様な作品



対馬大輔さん

カラー、モノクロインクジェット出力が一点づつ

葉脈のはっきりとした葉をネット越しに撮った一枚
千歳在住という事で農家の作物だろうか
もう一点はモノクロで水辺の欄干の様な場所の
何気ないスナップ

カラー対応のプリンターにしてはよく表現出来てる



伊藤也寸志さん

彼が長い間唱っている「写真都市」というテーマの抜粋

モノクロ銀塩、木パネル張りで出展するという
彼の元々のスタイルを崩し、お世辞にも素敵とは言えない
ありふれた銀色アルミフレームに
力強く切り取った「写真都市」を無理矢理納めている

笑えないブラックユーモアを目指したようで、
その雰囲気は大いに伝わってくる

硬調なメッセージ性の強い作品



滑川真由さん

モノクロ銀塩プリント2点。昼と夜の対比

学生時代から面白いカラー写真を発表していた滑川さん
今回はモノクロ四ツワイド(?)の額装
昼の写真は木漏れ日が心地よく
夜の写真は雨の降るアスファルトが
町の光で鈍く光るもの寂しい雰囲気

タイトルに相当悩んだようで
結局名前のプレートのみを添付



ウリュウユウキさん

最近がんばっている瓜生さん
色々なところでポストカードが販売されているが
その中の作品のオリジナルを含む4点のゼラチンシルバープリント

ひらけた海辺の写真と対照的な壁面の写真の組み合わせ
彼は先日新しくなったフジフォトサロンで個展を開催
同時にアーティストトークも行った
おつかれさまでした



秋本麻美さん

光に重きをおいた作品を
ここ最近発表している彼女は
今回もそのような雰囲気の特殊紙に印刷したカラー作品2点

キャンバスにインクジェットプリントを施した作品は
11月初頭にモエレ沼ガラスのピラミッドで開催された
音楽ライブと作品展示のコラボレーションイベント出展作品からの抜粋

作風はほぼ変化していないが
昨年こだわってやっていたトレーシングペーパーへの
プリント作品と比べるとフワフワとした雰囲気から
一気に重みが増した感がする



黒澤智博さん

ポジカラーフィルムのクリスタルプリント一点

デジタル、フィルム共にカラーで町並みや
自然を撮影する黒澤さん
今回は実家のある千歳の森を撮影

木々の緑が涼しげだ



工藤たかおさん

モノクロ銀塩プリント2点
木の陰、窓の外、いずれも冬の空気が漂う
孤独感に満たされた静かな雰囲気

ススキノ旧micro.の前身「カフェ実くろ」から
ちょくちょく作品参加をしてくれている工藤さんは
コレクターばりのカメラ持ち
特に彼のライカコレクションにはため息もの・・・。

現在の展示の次にcacoiにて個展が控えている
詳細はhttp://mic-ro.seesaa.net/article/23958898.htmlから




吉田洋能さん

大全紙木パネル4枚を組み合わせた力作
フイルムの同じコマを反転、回転させて
シンメトリーを作っている

この種の学生作品は面白味が先行して
作品の緻密さに欠けがちだが、彼の作品は性格からか
とても丁寧なもの
それも手伝ってヴィジュアル的にも相当見応えのある作品



AKIEさん

旧gallery micro.の窓を題材に3点のカラー作品

非常に思い出深い作品で、ついつい入り口付近の
展示挨拶文の隣に展示をお願いしてしまった・・・。

AKIEさんは写真クラブ「Be PHaT!!」という写真クラブの代表者
撮影会や年に一度の写真展示など
本格派から始めたばかりの人までが所属する
顧問はPHaT PHOTO編集長のテラウチマサトさん

cacoiでは何度か会合を開催してくれています



サワダケンタローさん

10月中旬開催の個展「必然写真」からの抜粋
「必然」な写真を今回は窓辺に展示してくれました
面白い展示になっています

彼の作品には説明は特に不要
見てから感じていただきたい



木村?久さん

酔っぱらいながら撮ったというモノクロ写真一点

深夜の公園のブランコが寂しげです
カメラ、機材を語らせると止まらなくなるというカメラ好き

きっかけなんていい加減である
というキャプションが添付されているが
本人も結構ちゃらけている事が多い

しかし作品の題材はいつももっと
深い何かを見ている気がする



竹本英樹さん

独自の写真と言えばこの人
8ミリムービーカメラで撮影したコマを写真としてプリントする

今回は普段とは違うアングラな雰囲気のカラー作品
床の間の難しいスペースに堂々と展示してもらった

会場に何となく置いてあった金魚の入った鉢と
バラの一輪挿しも一緒に展示
シュールな感じがおもしろい

クラブか、ライブハウスか
照明の影響で赤く転んだ作品が怪しく光っています
空気感を伝えたいという彼の普段からの言葉、
まさにそんな作品



kensyoさん

作り込んだ作風が多いkensyoさんの作品
印刷物などにして色々なイベントや場所で
配布したりもしている

今回は普段よりもナチュラル気味な作風
インクジェット出力のカラー作品だが
見事なプリント、内容とマッチしている

現在公開中のオンラインギャラリーからの抜粋との事
ウェブもチェックしてみたが、プリントの方がよく伝わってくる

ウェブギャラリーのフライヤーも配布中
チェックしてみては?



鎌塚元夢さん

Tシャツにプリントしたカラー作品の展示をしてくれています
床には元のプリントを額装したものを配置

アパレル店員をしながら大通中心の
ivoryギャラリーにてキュレーション活動を不定期ながら行っている
静かな男だが情熱は人一倍な彼
写真は物静かな作風が多い
イギリスに行っていた経験も手伝ってか
どちらかというとその方面のにおいがする

シャツのデザインも面白い



ムカイタクトさん

半切サイズ木パネルモノクロ銀塩プリント

プリント時には硬調のフィルターしか使わないという彼
今回も固いイメージの作品を出展してくれました
同じ学校の写真部員と撮影に出かけた際に撮影した
一コマだそうです

やる気十分の10代写真部
今後の活躍が楽しみです


PACH collection

帯広から参加してくれました
実は帯広、札幌より作り手、オーディエンスが元気です
特にこれから何かを始めようとしている人
若い人の推進力がまるで違います

PACH collectionはそんなようなこれからの集団
既に事務所は借りているそうです
皆それぞれ仕事をしながら
合間合間に場所を作っていっている状況

がんばってほしいものですね


以上、長くなりましたが、このような感じですね
お暇なときにでもー
posted by micro. at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。