2007年12月06日

工藤たかお 写真展レビュー

12月4日(火)に始まった写真展

工藤たかお
-Silence- 誰もいないベンチで

動画をアップしてみます



モノクロ銀塩プリント4ツワイド20点の作品展です


あまりにも寂しいベンチの写真郡

人の気配が排除された温度の低い写真が多い
自身と対象物をカメラという中間点でもって
全く違う世界に置いている

写真から感じられる空気、においや音を意図的に
シャットアウトしているように思える

違う次元、空間から客観的、俯瞰的に覗き込んだような
捉え方一つでは非常に危険で恐ろしい写真達

工藤さんのモノクロ写真の特徴はいつもこんな感じ
カラーやポラロイドになると
また雰囲気ががらっと変わり、
ヴィジュアル的に訴える強い写真になったりもする

気分の抑揚によって変化する写真の振れ幅の非常に大きな写真愛好家だと思います


まあ、ゴタクを並べてもどうしょうもないので
とりあえず、見にいらしてくださいねー

posted by micro. at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | informations | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71269417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。