2007年12月20日

maniten opening party 写真とレビュー

12月14日に行われた出張ミクロ@ mani ten
記録写真少々と

ライブパフォーマンスの様子と
作品の感じをお伝えします

暇な人で
当日来れなかった人
展示を見られなかった人、読んでみてください


16時にスタートしたイベントですが

ゆるゆるとスタートし、DJ mitayoが何となく曲を聞かせ始め
本当に何となくな感じが展示主のmaniさんの雰囲気にマッチしていましたね


DJ mitayo

mitayo.jpg

21歳と若いながらも貫禄たっぷりのプレイをする彼は
今回BGM的なDJとパフォーマンス的DJ、それから締めを担当してくれた

普段モローゾーンなどのクラブで回しているが
イベントDJの枠を超えて音楽をやっていきたいという

maniさんの声をサンプリングしてトラックに盛り込んだり
わかる人が聞いたら面白いものになっていた
後半のMIXは圧巻で
ミニマルテクノを中心にそこから空間に即した音楽を聴かせ
会場をいい空気にしていました



佐藤よしあき

yoshiaki.jpg

micro→cacoiではおなじみの佐藤よしあき
現在面白い事になっている彼は
忙しい毎日の中参加してくれました

事情があって長いライブセットを
2分割してやってもらいました
一度目はマイクとアンプを通したもの
当日マスクをして出て来たのでどうなる事かと思いきや

声も出ているし
曲も最近えらく練習しているようで
丁寧に歌い上げているのがよくわかるよい演奏だった

二度目はギター一本
オーディエンスの真ん中で聴かせる演奏
個人的にはこのスタイルが好きだ
ひょこっと現れて
おもむろに椅子に座って「じゃあやります」というスタイル
それもほぼ客と同位置で。

客が地べたに座り
彼の音をゆっくりと聴いている様子は和む



3+ (スリープラス)

3plus.jpg

未だにフルメンバーを見た事がない3+
聞くところによると9人くらいいるそう
見てみたい

今回はギター二本、ボーカル、ラップトップ
手巻きオルゴール、カオスパッド、などなどのセット
ちなみに人間は2人

masa.jpg nori.jpg


バリバリの音響系

技術を駆使して演奏してくれました

流れるような
静かなエレクトロニカ
曲間のMCで、前回micro.の時に演奏したときと同じ事を言っていたのが
とても面白かった

「MCあんまし得意じゃないんで、次いきます」

総じてゆったりとした素敵なイベントでした
いつものようにゆっくりと終わる感じが素敵。


mani

展示主です
彼女の展示の雰囲気は今回少し違ったように思える

ふわふわしてつかみどことろのない空気感
空間の力点が一つ所に留まらない感じ

それが今回はつかめる
力点が一カ所にあった
良いのか悪いのかはわからないが

会場のivoryの雰囲気に呑まれているのか
同調したのか
どちらにせよ
3日間という会期は短すぎるような気がした

時間が経って落ち着く展示もあると思うけれど
まさにmaniさんの今回はそんな感じ

動物、鳥、スクエアの絵画
セクションごとに別れた展示
中でも印象に残ったのは
「鳥たち覚えていてね」というタイトルの鳥の一連作品

次の段階を垣間見たような
大きな力が生まれそうな感じだった


mani.jpg

とにかくmaniさん
出張ミクロの場を提供してくれてありがとうございました

来場してくれた方々も
忙しい中、来ていただいてありがとうございます


posted by micro. at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミタヨウ21歳だったんだ。。
若いっすね。
まにてんはほんとによかった。
もっとたくさんの人にみて欲しかったから
会期長かったらよかったのにね。

Posted by saeko at 2007年12月23日 19:21
レビューありがとう!
そして出張ミクロありがとう!
サエコチャン
2回もご来場&搬出手伝ってくれてありがとう。
ミタヨウ若いね。
会期3日じゃ、たしかに短かった!
Posted by mani at 2007年12月25日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73815584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。